キャッシングで急場をしのいた経験

一昨年の12月のことですが、大阪にいる弟から、なんとか200万ほど融通してもらえないだろうかという電話がかかって来ました。彼の5歳の息子が難病に掛かっていて、アメリカで治療してもらえるめったにないチャンスがきたのだが、全部で1000万以上かかるとのこと。私も可愛い甥っ子のことでもあるし、なけなしの貯金をはたいて300万を出しました。
私は独身貴族のようなもので、給料のほとんどを遊びに使ういい身分でしたが、甥のためにカッコつけて300万も出したので、貯金とその月の給料もほとんどなくなってしまいました。あとは月末のボーナスが頼りだったのですが、当てにしていたほどの額でなく、年を越してからはたと、行き詰ってしまったのです。後輩の結婚式やら飲み屋の払いやらがあいついでやってきて、どうしても手持ちの現金が切れてしまいました。
そこで、よくテレビなどでもCMをやっている、キャッシングというものに手を染めてみたのでした。ネット上でできる手続きも思いのほか簡単でした。本人確認の書類などスキャンしたものをメール送信するような方法もありましたが、私は駅前の無人契約機というものを、物珍しさも手伝って、使ってみました。前々日にネット申し込みをしてあって、2日目だったのですが、その場でカードが発行されました。そして、その足で、いつもの銀行のATMでそのカードを使って自分の預金を引き出すように、現金10万円を手にしました。何と簡単な、とあきれました。とにかく誰にも迷惑を掛けることなく急場をしのぐことが出来て、感謝しています。
プロミスで増額すると金利とかは変わりますか?