プロミスカードの暗証番号を忘れてしまったら?

プロミスの申込みをする方の中には、申込みの事実を隠しておきたいという方や、誰にも会わずに契約したい、という方が多くいます。

 

これは、かつての消費者金融などの金利が、現在の6倍ほどの金利であったことから、「消費者金融=悪」というイメージがあるからだと思います。

 

プロミスが創業した当初の金利は、年109%近くの金利でしたが、現在の6.3%〜17.8%と比較すると、非常に大きな違いを見ることができます。

 

このような背景から、プロミスのスタッフとも会いたくない、という方も多くなっています。

 

しかし、どうしてもプロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)に行く必要があるのが、「暗証番号を忘れてしまったとき」になります。

 

暗証番号を再設定するためには、運転免許証や健康保険証などの、「本人確認」のための書類を持って店頭窓口に行く必要があります。

 

これは、紛失したプロミスカードを拾った人が、不正に暗証番号を聞き出すことができないようにするための、防犯上の目的から規定されている手続きになります。

 

そのため、「どうしてもプロミスのスタッフと会いたくない!」という方は、カードの暗証番号を忘れないように十分注意してください。